潜在意識は豊かな土壌で、意識する心は種のようなものである。

よい種からはよい実が、悪い種からは悪い実がとれる。

米粒はいくら分析しても、含水炭素その他の化学成分にしかなりません。
しかし、それを田に播けば、葉が出、花が咲き、また米がなります。

何という不思議なことでしょう。
土の中には不思議な働きがあって、米粒を成長させて稲にする
力があるのです。

柿の種からは柿の木が、どんぐりからは樫の木が出てくるのです。
つまり、種の中にすべてが含まれており、それが土の中に落ちると、
土が適当にやってくれるとしか考えられません。

あなたが何か考えを持っていたとします。たとえば、
自分は医者になりたいという考えを持っていたとします。

そして、自分が白衣を着て、テキパキと働く美人の看護婦とともに
治療に当たつている姿を目に浮かべます。

こう目に浮かべる視覚化のことを
「考え」ということにします。

この「考え」が種です。考えをはっきりさせたら、
それを潜在意識に引き渡すのです。

これが種播きです。

そうすれば、その種は必ず芽を出し生長します。

種か芽を出すためには日光が必要です。

これは信念に相当します。水もいります。

これは実感に相当します。除草もいります。

これは「ダメだ」という声が聞こえた時、
すぐにそれを切り捨てる決断に相当します。

まずは、いい種を、いい考えを選びましょう。

そして、その考えを抱きしめ、実感をもって
繰り返し、悲観的な考えが出た時は、
すぐにそれを切り捨てるようにしていますと、
必ず種は立派に成長し実を結びます。

あなたが頭脳明晰な人になりたかったら、
そういう自分を、頭にはっきり描きなさい。

私自身の観察から結論を言いますと、
普通の人なら、四年から五年で、すつかり見違えるほど
頭脳が明晰になります。

また美人で魅力的になりたいと思うなら、
その理想像を潜在意識に植え込み、
その期待を持続すれば、ゆるやかに、
確実にあなたの外見まで変わります。

それが潜在意識の法則なのです

自分に不利なこと”は口にしない、想像しない!

サバを食べてジンマシンになった人は、その後はサバを見ただけでも
ジンマシンになる。潜在意識は何も忘れることがないからだ。

私の教え子がこんな話をしてくれました。
「私はゼリーが食べられません。とても口に入らないのです。

皆さんがおいしそうに食べているのに。
ところが最近、祖母からそのわけを聞きました。

私は、子供の頃はとてもゼリーが好きだったんだそうです。

そしてある時、あまりそれを食べすぎて、
ひどい下痢がなかなか治まらなかったそうです。

それ以来ゼリーを食べなくなつたんだよ、
と祖母は言うのです。

しかし不思議ですねぇ、そんなこと、
私はちっとも覚えていなかったのに
そうです。潜在意識は意識する心がすっかり忘れていても、
覚えているのです。

サバを食べて中毒になったことを、
体を支配している潜在意識はちゃんと知っていて、
目にサバが見えたとたんに、防御反応を起こさせるのです。

あなたの潜在意識は一日二十四時間、
休みなしに働きつづけていて、一度受け入れたことは
決して忘れずにあなたを絶えず作り換えているのです。

ですから、潜在意識に命令する時、つまり何かを断定する時、
自分に不利なことを言つてはいけません。

「私はコ—ヒーを飲むと朝三時まで眠れない」と
言った人は、潜在意識に「私の体を朝三時まで眠れぬように
しておけ」と命令するのと同じことなのですから、
そういう人は朝三時まで興奮して眠れないことになります。

同じように「私は金には縁がない」と言う人は、
自分を貧乏にするようにと潜在意識に命令しているのと
同じことになります。

このように休むことを知らず、
夜も昼も働きずくめの潜在意識を自分の
利益になるように働かせるのが、あなた
の意識する心のつとめなのです。

偶然”さえあなたはコント口ールできる

潜在意識を船にたとえれば、あなたの意識する心は船長である。
四十万卜ンの大タンカーでも、船長が右と言えば右に行く。

潜在意識は巨大な、宇宙のすべてにゆきわたっているものですが、大きいから
といって利用しにくいというものではありません。四十万トンの巨船でも、たっ
たひとりの船長の指示しだいなのです。

船長が「こんな大きな船は、俺が舵を取っても動かないのじゃないかな」と思
つたら本当にどうにも動きません。「動くはずだ」と思ってやらないことには、
始まりません。

事実、山のような大きな船が思うように動いてくれるとは、動かしたことのあ
る人にしか実感できないでしょう。その際、自分の動かす舵がどのような機構に
繫がつて船を動かすのかについて、あなたはいちいち知らなくてもよいのです。

数年前のクリスマス・イヴに女子大生が高級ブランドのショ—ウィンドーの中
に、素敵な、しかしちょっと高価な旅行鞄を見つけました。彼女は休暇で郷里に
帰るところでした。
彼女は「あの鞄を欲しいけれど、私には買う余裕はないわ」と、もう少しで言
うところでしたが、すぐにマーフィー理論を思い出しました。それは「否定的な
ことは最後まで言うな、すぐ肯定に切りかえよ。そうすると潜在意識という大機
構が動き出して奇跡が起こる」というものでした。彼女はすぐにこう言いなおし
ました。「あの鞄を、私のものとして受け入れましょう。そうすれば、後は潜在
意識が取りはからってくれるでしょう」と。
クリスマス・イヴの夜八時、彼女の婚約者はプレゼントをくれました。その包
みの中には、何とその朝の十時に、彼女がショーウィンドーの中で見つけて自分
のものとして心の中に受け入れた、まさにあの鞄がありました。小さな舵を回し
てみたら、巨船が本当に動いてくれたのです。

この出来事を偶然と考える人は、潜在意識が何であるかをまだ知らない人です。

潜在意識はあなたの”本音”を見逃さない

潜在意識は、受け入れたものをすベて
無差別に実現してしまう性質がある。
潜在意識には冗談は通じない。噓も通じない。

潜在意識には判断したり、選択したりする能力がありません。あなたが心の中
で、つまり意識する心(顕在意識)の中で、こうだと思ったことは、すべて無差
別に実現してしまうのです。だから、あなたが「私はそうしたいけれど、そうす
る余裕がない」と言えば、潜在意識はそれを真に受けます。そして、あなたのせ
っかくの希望を実現させないようにしてしまいます。

これに反して、「私はそれを買おう。私はそれを心の中で受け入れる」と言えば
潜在意識はそれを引き受け、おそかれ早かれあなたの願望を実現してくれます。
あなたは役に立たない、マイナスの言葉を決して言ってはいけません。「私は
失敗するだろう」とか、「うまくいかないだろう」などと決して言ってはいけま

せん。常に積極的な言葉をあなたの潜在意識に話しかけてください。潜在意識は
あなたの言葉を一度引き取ったら、それを実現しないではおかないのです。
積極的な言葉を繰り返しているうちに、あなた自身が変わってきます。そして
ふと気づくと、あなたはいままでよりも、もっと積極的で魅力的な人間に変わり
もっと幸福になつていることに気づくでしよう。
ですからあなたは、自分に正直にならなければなりません。知人の幸運を聞い
て、「あの人はずるいことをやつたんだ」と言った場合の本音は何でしようか。
あなたはその知人の幸福を羨み「その幸運がなかったらよいのに」と言っている
のではありませんか。潜在意識は本音に対してのみ反応するのですから、「幸運が
なければよいのに」という心持ちを受け入れ、あなたに幸運がこないようにと働
き始めます。
あなたの気持ちを率直に見つめ、そして本当によい思念で満たしてください。
あなたが本当に幸運や富裕や健康を望んでおり、しかもそれを否定する気分がな
いなら、その願望は必ず実現します。

とにかく実際に「口に出す」それがあなたの熱意を本物にする

なぜ、彼らは自分が願ったとおりの結果を
手に入れることができたのでしようか。

三人とも、何も考えず、逆にいえば、
何一つ疑うことなく、自分の願望を、
素直にありのままに口にしていたからです。

口にしているうちに、その願いは潜在意識に
深く植えつけられ、やがて潜在意識は
その思いを実現するように働きはじめるのです。

潜在意識は、無限の力を持っています。
その力を信頼すれば、どんな願いも現実化します。

そう確信を持ってください。そうすれば、
必ずあなたの人生に奇跡が起こります。

マーフィーの法則

前向きに実行する人には、
なぜか良いことばかり起こる
■あなたの中には幸運を引き寄せる”磁場”がある!
■”偶然”さえあなたはコン卜ロールできる!
■”感謝できる人”は成功するようになつている
■”願望”が強ければ”手段”はあとからついてくる
■成功体験を”あらかじめ実感できる人”に成功は訪れる
■富裕感”こそが富を引き寄せる
■お金が面白いほど入ってくる”魔法”の言葉

『挨拶をしないと、幸せが逃げていく。
挨拶をするから、幸せが近づいてくる。』

「人間関係をうまくするためには、具体的に
何をすればいいのですか」という質問をよく受けます。

そのとき私は「こちらから、挨拶するようにすればいいですよ」
と答えるようにしています。

明るい気持ちになるためには、自分から
挨拶をすればいいだけです。

「おはよう。こんにちは。こんばんは」だけで十分です。

私は、自分から挨拶をするように心がけています。

挨拶する側が好感を与え、挨拶を受ける側は
好感を抱くようになっているからです。

私は、視力が悪いため、あまり遠くが見えません。

遠くからでもわざわざ話しかけてもらうと
「先を越された」と思うのですが、嬉しい気持ちになります。

挨拶をするだけで、人間関係がうまくいくのです。

「どうすれば女の子にモテますか」と質問を受けることもあります

そんなときも私は「挨拶で会話のきっかけをつかみましょう」と言っています。

挨拶は誰にでも使えます。

老若男女共通です。

もちろん部下にも上司にも、お父さんお母さんにもアメリカ人にも使えます。

会話を始めるときには、まず挨拶から入ればいいのです。

それだけで、後は次々と会話が出てきます。

話しかけるのが苦手という人ほど、まず挨拶から会話を始めることが大切です。

挨拶は、警戒を解く魔法です。

挨拶をしないと「あの人はよく分からない」と、人が避けていきます。

話しかけるから、柔らかい印象を持ってもらえるようになり、
人間関係が向上していくのです。

あなたの”成功の種”は芽を出すのを待っている!

あなたの中には幸運を引き寄せる”磁場”がある!

よいことを思えば、よいことが起こる。
悪いことを考えれば、。悪いことが起こる。

自分とは、いつたい何だろう–あなたも時にそう考えることがありませんか。
自分は山田太郎の息子だ、とか、〇〇会社の社員だとか、XX大学の学生だとか、
いろいろな答え方があるでしょう。

しかし、もっと根本的に「自分とは何か」と考えつめていくと、「自分とは今、
自分が考えていること、感じていることそれ自体だ」ということになるでしょう。

自分が幸福で心がわくわくしているような時、それがあなたなのです。自分が
みじめで、不幸で、どうしょうもないと感じている時、それがあなたなのです。

あなたが何かよいことを考えている時、その考えがあなたなのです。あなたが何
か悪いことを考えている時、それがあなたなのです。

ですから、「あなた」という固定したものは、本当はないのです。あなたは常
に選択をせまられているのです。あなたはいつも「よいことを考え、幸せを感じ
ている人」なのか、「悪いことを考え、不幸と感じている人」なのか、どちらに
せよ、自分で選んでいるのです。

あなたは、どんな生き方をするか、選ぶことができます。よりよい「あなた」、
より幸福な「あなた」を選ぶ原理と方法こそ、マーフィーの法則が明らかにして
くれるものなのです。

いいことを考え、よいことが起こると期待している心には、よいことを引きつ
ける一種の磁場が働きます。よいことを期待している気分でいると、潜
在意識は必ずよいことに連なるチャンスだけをつかまえるようにあなたを導いて
くれるのです。

豊臣秀吉やロックフエラーのような大成功者から、私たちの周囲によくある中
成功者・小成功者にいたるまで、そういう人たちは、必ず人生の明るい面により
敏感だという要素があります。